申込時に必要な書類

不動産担保ローンもローンの申込みになるので、事前に必要な書類を用意しなければいけません。

どのローン申込にも共通していますが、本人を確認できる書類は必須で例外はありません。

この場合は運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードになりますが、運転免許証があればそれでOKです。

免許証や健康保険証と現住所が異なる場合は、住民票や印鑑証明が必要になります。

収入を証明するために確定申告書、納税証明書なども必要です。

不動産担保ローンですから、担保として預ける不動産の不動産登記簿謄本、固定資産評価証明書、なども必要です。

ローン会社によっては独自に用意した、借入計画書があってそれに記載を求められる事もあります。

事業内容確認書も各会社が書類を用意する事があるので、指示があれば記載します。

これは個人事業者の場合ですが、法人の場合は必要書類も異なります。

法人は商業登記簿謄本や決算書など、必要書類が異なりますので、事前にチェックしておきましょう。

何が必要でどんな書類を用意しているかは、各ローン会社による違いもあります。

申し込む前に必要書類を用意しますが、何が必要かわからない場合は会社のホームページにも書いてありますし、問い合わせれば教えてもらえます。

資料やパンフレットもありますので、事前に必要書類は全て揃えておきましょう。

不備があると申込ができなくなりますし、一度申し込んでも無効となってしまい二度手間です。