返済プランにより返済金額は違うの?

不動産担保ローンに申し込む場合は、返済プランによって利息や返済金額が変わる事も把握しておきましょう。

借りる金額が大きい場合は返済期間も長くなるので、長期返済となります。

ある程度返済期間や回数は上限が設定されていますが、返済回数によって金額は変わりますし、トータルの費用も変わってきます。

必ずどの不動産担保ローンにも返済プランがありますので、まずは資料などを比較して確認しておきましょう。

各ローン会社のホームページにある、返済シミュレーションを使うのもおすすめです。

返済回数により利息や返済金額の違いも、シミュレーションを使えば簡単に計算できます。

不動産担保ローンも基本的に毎月決まった金額を返済していきますが、借入残高が残り少なくなった場合や、余裕がある時に繰り上げ返済をすると、利息が安くなるので合計の返済費用も少し節約できます。

消費税率も返済金額に影響してきますので、消費税も計算に入れておきましょう。

返済方法については、指定した口座から引き落としとなるのが一般的です。

繰り上げ返済の場合は事前に連絡をしておきましょう。

というのも返済プランにより返済回数や利息が変わってくるため、早めに返済する場合も利息が変わるからです。

これもローン会社による違いはありますが、銀行が行っている不動産担保ローンを利用する場合は、口座開設が条件となっているケースもありますが、口座があればそこから引き落としや繰り上げ返済ができるので便利です。