信用力とは?

一般的なカードローンは、申込み条件を満たしていて、申し込み後に行われる審査で信用力があると判断されれば大抵は利用可能です。

カードローンの場合は担保も保証人も不要ですが、信用力がない人にはお金を貸してくれませんので審査で落とされてしまうでしょう。

カードローンの場合は担保も保証人も不要ですが、融資には限度額があります。

利用する中での実績などで増額も可能ですが、大抵は50万円前後の限度額が設定されます。

不動産担保ローンは担保となる不動産を所有している事も条件ですが、担保があっても信用力は審査対象になります。

担保に自分が所有している不動産を差し出しても、信用力がない人にお金を貸してくれるところはありません。

ただし不動産担保ローンの場合は、担保となるそれ相当の価値がある不動産もありますし、信用力も付けば、かなり高額な金額の借り入れも可能です。

個人事業者の場合は不安定な部分もあるため、不動産担保ローンの融資を受ける時若干不安も残る事がありますが、信用力と不動産の合計がプラスされると高額融資も可能です。

不動産担保ローンの使い道はほとんどが事業資金になりますが、担保がある分利息が安くなるという嬉しいおまけもついてきます。

借りる金額が大きいため、返済期間や返済回数も多めに設定されています。

信用力があればほとんどのローンは組めますが、信用力が伴わないと条件を満たしているとはいえません。

返済も自分のライフスタイルに合った方法を選びましょう。